今日の動き/3点チャージ最新情報 本文へジャンプ
2016年のパフォーマンス詳細 2016年のパフォーマンス一覧表

                                                                   

今日の動き 6月23日

3点チャージは3銘柄、いずれも連続チャージ。

特別注目銘柄「エムアップ」(東証1部)は3日続落、
乖離率は-9.8%→-15.0%→-17.4%。
低カイリ・ランキングの2位。
ただし、VRが110.8%と高く、
週明け、下げても、3点チャージは無いです。

メルマガ最新号で紹介した、
ちょっと気になる「シンデン・ハイテックス」(JASDAQ)、
今日はレーダー値が2910円、終値が2911円。
つまり、レーダー値より1円高いため、
3点チャージにはなりませんでした。
週明け、-19円の2892円で3点チャージします。

⇒低カイリ・ランキング

4月/注目銘柄のパフォーマンス

注目銘柄「日本一ソフトウェア」(JASDAQ)
三度目の正直、3点チャージ7取引日で、利益率+5%を突破
連日の高値更新で株価1.5倍


6日、注目銘柄「日本一ソフトウェア」(JASDAQ)が、
レーダー値と同額、終値875円で3点チャージ。利益率+5%は919円です。
翌7日は高値918円(最大利益率+4.9%)、
なんと、あと1円不足で、+5%突破ならずでした。
さらに、10日は高値918円、ままた1円足らず。
この後、軟調な展開が続きました、
しかし、17日、三度目の挑戦で、
ついに高値919円を確保、3点チャージ7取引日で、
利益率+5%を突破しました。
18日高値939円があり、最大利益率は+7.3%へ拡大。
さらに、21日高値1045円があり、最大利益率は+19.4%へ急拡大。
また、5月15日、高値1102円があり、最大利益率は+25%を突破。
5月16日、株価暴騰、高値1236円があり、最大利益率は+40%を突破。
18日、高値1280円があり、最大利益率+45%を突破。
19日、高値1342円があり、ついに、株価1.5倍になりました。
22日高値2655円があり、最大利益率は+56.6%。




注目銘柄「モバイルファクトリー」(マザーズ)
3点チャージ2週で利益率+5%を突破

猛暴騰で一挙に最大利益率+17.7%!


注目銘柄「モバイルファクトリー」(マザーズ)は、4月7日、
レーダー値と同額、終値2655円で3点チャージ。利益率+5%は、2788円です。
10日高値2720円があり、最大利益率は+2.4%。
その後急落し、最近復調の兆し、
21日は暴騰、高値3125円、最大利益率は前日の+3.5%から、
一挙に+17.7%へ拡大しました。

3点チャージの日にち順だと、日本一ソフトウェアに続き、
注目銘柄の利益率+5%で40連勝になります。



注目銘柄「エイトレッド」(マザーズ)
3点チャージ4日で、利益率+5%を突破

注目銘柄「エイトレッド」(マザーズ)は4月13日、
レーダー値と同じ3015円で3点チャージ。
利益率+5%の目標株価は3170円になります。
19日、高値3170円があり、
3点チャージ4日で利益率+5%を突破しました。
28日、高値更新で、高値3340円は最大利益率+10.8%、
ついに+10%を超えました。
5月8日高値3450円があり、最大利益率は+14.4%。
5月27日高値3570円があり、最大利益率は+18.4%へ拡大。



注目銘柄「JIA」(マザーズ)
3点チャージ2日で、利益率+5%を突破

4日で、利益率+10%を突破


12日、ジャパンインベストメントアドバイザー(JIA、マザーズ)が
終値3625円で3点チャージ。利益率+5%の目標株価は3810円になります。
14日は、高値3850円があり、3点チャージ2日で+5%を突破。
18日、連日の高値更新があり、
4015円で最大利益率は+6.2%→+7.6%→+10.8%へ拡大、
ついに、+10%を超えました。
26日、高値4025円があり、最大利益率は+11.0%へ拡大。
5月8日、高値4350円があり、最大利益率は+20.0%。



3月/注目銘柄のパフォーマンス

特別注目銘柄「フライト」(東証2部)
3点チャージ2日で利益+5%を突破!
注目銘柄38連勝を達成!


注目銘柄「フライトホールディングス」(東証2部)は27日、
レーダー値と同じ1276円で3点チャージ。利益率+5%の株価は1340円。
29日は高値1377円があり、3点チャージ2日で利益率+5%を軽く突破、
最大利益率は+7.9%になります。
30日、高値1390円があり、最大利益率は+8.9%へ拡大しました。
なお、これで注目銘柄は利益率+5%で、
2016/1のマツダ以来、38連勝となりました。



注目銘柄「マイネット」、前場30分で利益率+5%を突破
5月2日高値更新、最大利益率+20%突破

事業者から買収や協業で取得したスマホゲームを再生・運営する
「マイネット」(マザーズ)は22日、ズバリ、レーダー値と同額の
2863円で3点チャージしました。利益率+5%は3007円になります。

翌23日、始値が+40円の2903円でしたが、
その後、グイグイ上昇、場が開いて30分ほどで、
あっという間に、3010円を突破し、
高値は3050円、最大利益率は+6.5%でした。
久しぶり3点チャージ、会心の一撃でした。

4月27日高値3400円があり、最大利益率は+20.2%へ拡大、
ついに、利益率+20%を超えました。



23日、注目銘柄から2銘柄、3点チャージが出ましたが、
いずれも、無効か、見送りと記しました。
この2銘柄はパフォーマンス検証の対象になりません。

まず、「エナリス」(マザーズ)は588円で3点チャージ、
今日は高値595円(+1.2%)、終値は544円で-7.5%の下落です。
<下記は3/23記>
エナリスは前日、中期経営計画を発表しましたが、
その内容が市場の失望を呼び、終値が前日比-11.3%安、
このような、悪材料公表直後で急落の3点チャージは見送りです。
通常、-10%も下げる場合、何か問題が起きているので、
必ず、ネット証券の銘柄ニュース等を参照し、悪材料を確認してください。

次に、「エボラブルアジア」(マザ-ズ)は2531円で3点チャージ、
今日は高値2860円で最大利益率+13%です。
<下記は3/23記>
注目銘柄「エボラブルアジア」は前日比+19円の2531円で買いシグナル点灯。
有償の分析ソフトでは、前日比プラスを示す、
黒色「Charge」が表示されており、この3点チャージは無効となります、
実際の注文は、前日の株価2512円で「引け指値」を出しているので、
注文は失効と成っています。
なお、エボラブルアジアは明日以降、正規の3点チャージがあっても、
注目銘柄のパフォーマンス対象から除外します。

1月/注目銘柄のパフォーマンス

注目銘柄「モブキャスト」、ストップ高の暴騰、
最大利益率+30%を突破


注目銘柄で目標未達は「モブキャスト」(マザーズ)、
1月5日、902円で3点チャージ、
6日高値928円があり、最大利益率は+2.9%。
その後、低迷で、買値を下回っていましたが、
25日は大幅続伸で899円の高値引き、買値まであと2円に戻しました。
この後、再度低迷。

決算を翌日に控えた2月8日、前日比+71円の暴騰の高値引き、
高値936円で最大利益率は+3.8%、
利益率+5%(948円)に、あと12円。

9日、高値946円があり、最大利益率+4.9%、
利益率+5%に、あと2円に迫りました。

10日、ストップ高(+150円)の暴騰で、
高値1068円、最大利益率は一気に+18.4%へ拡大しました。

さらに、13日高値1174円があり、最大利益率は+30.2%、
ついに+30%を超えました。
14日高値1206円があり、最大利益率は+33.7%。
16日高値1216円があり、最大利益率は+34.8%。



注目銘柄「安永」、
3点チャージ1日で利益率+5%突破


1月11日、注目銘柄「安永」(東証1部)は1,790円で3点チャージ。
利益率+5%は1880円になります。
12日高値1917円があり、3点チャージ1日で、
利益率+5%を軽く突破、最大利益率は+7.1%になります。




ディップ 12/5 +21.3%
ソフトバンテク 11/11 +39.2%
LINE 11/4 +12.8%
ソルガム・ジャパン 11/2 +56.6%
ローツェ 10/21 +17.5%
シリコンスタジオ 10/14 +10.1%

12月/注目銘柄のパフォーマンス

●注目銘柄「ディップ」、
3点チャージ4日で、利益率+7.5%突破!

3点チャージ6日で、利益率+10%突破!

注目銘柄「ディップ」(東証1部)は、12月5日、
レーダー値と同額、2153円で3点チャージ。
翌6日、高値2218円があり、
3点チャージ1日で、最大利益率は+3.0%。
7日は下げましたが、
8日は急反発、前日比+119円の高値引け、
高値2239円、最大利益率は+4.0%になりました。

そして、12日、大幅続伸で、高値2331円があり、
最大利益率は+8.3%。
3点チャージ4日で、利益率+5%をすっ飛ばし、
いきなり+7.5%を突破しました。

さらに、13日高値更新、2379円があり、最大利益率は+10.5%、
3点チャージ6日で、利益率+10%を突破しました。

さらに、14日、高値更新、高値2467円があり、
最大利益率が+14.6%に達しました。

さらに、1月11日、高値更新、高値2478円があり、
12日、連日の高値更新、高値2490円があり、
最大利益率が+15.7%。
13日は大幅高で高値2602円があり、最大利益率は+20.9%に拡大、
ついに+20%を突破しました。

16日高値更新、高値2611円、最大利益率は+21.3%。


3点チャージ分析表


11月/注目銘柄のパフォーマンス

「ソフトバンテク」3点チャージ3日で利益率+7.5%突破
12月7日、好材料で暴騰、最大利益率+7.5%→+14.1%へ一挙拡大!


注目銘柄「ソフトバンク・テクノロジー」(東証1部)は、
11月11日、2773円で3点チャージ。
3点チャージ3日目の16日、前日比179円の暴騰で、高値2981円があり、
最大利益率が+5%どころか、一気に+7.5%を突破しました。
その後は低迷していましたが、
12月7日、ソフトバンクが米国に500億ドル投資の報道により、
そのメリット期待で、買いが殺到、
高値が前日比503円高(+19%)となり、
最大利益率は+7.5%から一挙拡大、+14.1%になりました。

さらに、続けて8日も暴騰、高値3860円があり、最大利益率は+39.2%へ拡大。


「ソフトバンテク」の+5%突破で、
注目銘柄の3点チャージは、利益率+5%で「33連勝」を達成しました。


「LINE」3点チャージ5日で利益率+5%突破!
3点チャージ12日で利益率+10%突破!
11月4日、注目銘柄「LINE」(東証1部)が3975円で3点チャージしました。
10日、ついに高値4190円があり、最大利益率は+5.4%、
3点チャージ5日で、利益率5%を突破しました。
18日、21日、連日の高値更新があり、高値4325円、最大利益率は+8.8%。
利益率+7.5%を突破しました。
さらに、22日も高値更新、高値4430円、最大利益率は+11.4%、
3点チャージ12日で、利益率+10%を突破しました。
さらに、24日も高値更新、高値4485円、最大利益率は+12.8%、


「LINE」の+5%突破で、
注目銘柄の3点チャージは、利益率+5%で「32連勝」を達成しました。


「ソルガム・ジャパン」3点チャージ1日で利益率+5%突破!
3点チャージ7日で利益率+20%突破!
3点チャージ11日で利益率+30%突破!
注目銘柄「ソルガム・ジャパン」(JASDAQ)は、
11月2日、レーダー値と同じ、166円で3点チャージ。
翌4日、高値175円があり、最大利益率は+5.4%。
3点チャージ1日で、利益率+5%を突破しました。
その後は低迷していましたが、
14日、前日終値+45円、一挙に高値200円まで上昇、最大利益率は+20.5%、
3点チャージから7日(取引日)で、+20%を突破しました。
さらに18日、再度暴騰、高値222円があり、最大利益率33.7%、
3点チャージ11日で、株価が1.3倍になりました。
さらに、28日、高値225円があり、最大利益率は+35.5%になりました。
さらに、12月7日、高値230円があり、最大利益率は38.6%へ拡大。
さらに、8日、高値231円があり、最大利益率は39.2%へ拡大。
さらに、12日、高値254円があり、最大利益率は53.0%へ拡大。
ついに、株価1.5倍になりました。
16日、高値260円があり、最大利益率は56.6%へ拡大。




10月/注目銘柄のパフォーマンス

「ローツェ」3点チャージ2日で利益率+5%突破!
3点チャージ6日で利益率+15%突破!
注目銘柄、利益率+5%で30連勝!


注目銘柄「ローツェ」(東証1部)は21日、1742円で3点チャージ。
25日は高値1835円があり、最大利益率+5.3%。
3点チャージ僅か2日で、利益率+5%を突破しました。
さらに、26日、高値1880円があり、最大利益率は+7.9%、
3点チャージ3日で、利益率+7.5%を突破しました。
さらに、28日、高値1919円があり、最大利益率は10.2%,
3点チャージ5日で、利益率+10%を突破しました。
さらに、31日、高値2038円があり、最大利益率は17.0%,
3点チャージ6日で、利益率+15%を突破しました
さらに、11月1日、高値2046円があり、最大利益率は17.5%,

なお、25日、岩井コスモ証券はローツェの投資判断を新規「A」でカバレッジ開始。目標株価は「2400円」としています。


「ローツェ」の+5%突破で、
注目銘柄の3点チャージは、利益率+5%で「30連勝」を達成しました。

⇒詳細

暴騰「シリコンスタジオ」
3点チャージ2日で利益率+10%突破!
10月17日、
注目銘柄のシリコンスタジオ(マザーズ)は、4625円で3点チャージ。
悪材料4日目の3点チャージなので、原則「買い」としました。
翌18日早速反発、高値4850円があり、最大利益率は+4.9%に達しました。
利益率+5%は4860円なので、あと10円で+5%突破でした。
3点チャージ2日目、暴騰で高値5090円があり、最大利益率+10.1%、
3点チャージ後、僅か2日で利益率+10%を突破染しました。
これで注目銘柄の3点チャージは、利益率+5%で「29連勝」です。

3点チャージ分析表
シリコンスタジオ


8月〜9月/注目銘柄のパフォーマンス



3点チャージ分析表
ファインデックス エムスリー 注目銘柄とは?

アンジェス MG(マザーズ)
3点チャージ3日で最大利益率+14.7%●

12日、注目銘柄「アンジェス MG」(マザーズ)が
ズバリ、レーダー値の238円で3点チャージしました。
15日は始値229円と安く始まりましたが、
「核酸含有PLGAナノ粒子技術を用いた経口DDS製剤」の
国内特許が成立したとの発表があり、午前10時頃、
株価が一時急伸(前日比+41円)、高値273円があり、
最大利益率は+14.7%。
3点チャージ3日で、利益率+10%を軽く突破しました。
続いて、21日、再度急伸、
高値303円(前日比+72円)があり、
最大利益率は一気に+27.3%に拡大しました。
さらに、23日も高値更新で、高値309円があり、
最大利益率は+29.8%に拡大しました。


注目銘柄「ファインデックス」、3点チャージ1日で+10%を突破!
さらに、1カ月で株価1.5倍超!
注目銘柄で、8月4日、
医療システム会社のファインデックスが1041円で3点チャージ。
翌5日、急反発で高値1157円、最大利益率は+11.1%、
なんと、3点チャージ1日で、ビックリの+10%突破です。
ファインデックスは、3点チャージした4日の引け後、
16年12月期第2四半期(1−6月)単体決算が大幅増益と発表。
さらに、15万株・2億円を上限の自社株買いを発表。
これで、5日は買いが殺到。
こんな、タイミングのいい、うまい話、たまには、あるのですね。
25日と26日、暴騰があり、大幅な高値更新があり、最大利益率は+45.0%。
さらに、9月5日、高値1590円があり、最大利益率は+52.7%になりました。
ファインデックスの3点チャージ分析表


注目銘柄「エムスリー」、3点チャージ3日で+10%を突破
8月8日、ソニーの関連会社で、医療従事者向け情報サイトの、
注目銘柄「エムスリー」は、3010円で3点チャージ。
10日、続伸で高値3205円があり、最大利益率は+6.5%。
3点チャージ2日で、利益率+5%を突破しました。
12日、3日続伸で高値3345円があり、最大利益率は+11.1%。
3点チャージ3日で、利益率+10%を突破しました。
エムスリーの3点チャージ分析表&チャート 注目銘柄とは?

注目銘柄「参天製薬、3点チャージ3日で+5%を突破
注目銘柄の参天製薬が、19日、1332円で3点チャージしました。
22日は、期待通り反発、高値で+1381円があり、最大利益率は+3.7%、
23日も続伸で、高値1397円、最大利益率+4.9%。
+5%突破は1399円なので、惜しいことに、あと2円不足でした。
24日は3日続伸、高値1402円があり、
3点チャージ3日で、利益率+5%を突破しました。
10月4日、高値更新で、高値1528円、
最大利益率は+14.7%へ拡大。


2016年のパフォーマンス詳細/1月〜7月
7月3点チャージのパフォーマンス

三井不動産、3点チャージ3日で、利益率+15%を突破
JACリクルート、5日続伸で利益率+5%を突破

注目銘柄の三井不動産は7月8日、2039円で3点チャージ。
この3点チャージは絶好の底値買いとなり、
翌取引日の11日から、急反発。

11日は高値2194円、利益率+5%を突破
12日は高値2317円、利益率+10%を突破
13日は高値2370円、利益率+15%を突破
21日は高値2448円、利益率+20%を突破

※株価の動きは、下記の分析表で確認できます。
三井不動産の3点チャージ分析表

注目銘柄のJACリクルートは7月22日、1246円で3点チャージ。
7/20、上半期業績予想の上方修正を発表したが、一方、6月の月次売上の増収率が7.1%増と1ケタの伸びに急減速したことが、ネガティブ視されたもの。
好材料と悪材料の混在なので、見送りも考えられますが、
上方修正なので、あえて買いとし、パフォーマンスをフォローしました。
3点チャージ後、ずっと低迷していましたが、
見直し買いが入り、5日続伸、
17日、高値1325円があり、最大利益率は+6.3%、
3点チャージ1カ月弱で、+5%を突破しました。

6月3点チャージのパフォーマンス




7/25、ゼンリン、暴騰でいきなり利益率+10%を突破!
注目銘柄の6月3点チャージ、英国のEU離脱で、
不可能と思われていた5戦全勝を達成



6月16日、ゼンリンは2054円で3点チャージ。
7月5日高値2127円があり、最大利益率は+3.6%。
利益率+5%の突破は不可能かと思われていましたが、
25日いきなり暴騰(高値は前日比211円高)、
高値2280円があり、いきなり利益率+10%を突破、
最大利益率は+11.0%になりました。
これは、日欧が自動運転で安全基準策定と伝わり、その関連銘柄として、
買いが殺到したものです。

ベリサーブは3415円で3点チャージ、目標株価は3590円。
6月24日の暴落で3000円を割り込みましたが、
7月1日、380円高の暴騰で、高値3660円があり、
ついに目標株価を突破、
5日、高値3945円があり、
最大利益率は+7.2%←+13.8%→+15.5%へ拡大。

いちよし証券は721円で3点チャージ。目標株価(+5%)は758円。
20日、高値767円があり、目標株価を突破。
7月21日、高値832円があり、最大利益率は+15.4%。

アクリーティブは371円で3点チャージ。
15日、高値387円があり、最大利益率は+4.3%。
7月21日、高値392円があり、ついに利益率+5%を突破。



注目銘柄のナノキャリア(マザーズ)
3点チャージの翌日、目標株価突破!
7〜10日、連日の高値更新、最大利益率+10%を突破!

注目銘柄のナノキャリア(マザーズ)は6月2日、
レーダー値と同額の1215円で3点チャージ。利益率+5%は1276円。
3点チャージの翌日、3日、高値1280円があり、1日で+5%を突破しました。
7日高値1290円、8日高値1304円、9日1365円、10日1368円があり、
連日の高値更新で、
最大利益率は+5.3%→+6.2%→+7.3%→+12.3%→+12.6%へ上昇。
+10%を超えました。


ナノキャリアの3点チャージ分析表

4月3点チャージのパフォーマンス

ガリバー、ついに標株価を突破!
注目銘柄のガリバーインターナショナルは
4月26日、1087円で3点チャージ、目標株価1142円、
27日は日経平均が続落にもかかわらず、
ガリバーは反発、高値1120円があり、最大利益率は1日で+3.0%。
その後、しばらく低迷、
しかし、13日、高値1145円があり、ついに目標株価を突破。
さらに、16日、高値1150円があり、最大利益率は+5.8%。
ガリバーの3点チャージ分析表


アートスパーク、3点チャージ2日で目標株価突破
いちよし証券は5日、丸三証券は7日で目標株価突破

4月5日、注目銘柄から3銘柄が3点チャージ。
7日のアートスパークホールディングスに続き、
12日、いちよし証券が目標株価を突破、
さらに、14日、丸三証券が目標株価を突破。
注目銘柄の戦績は3戦3勝となりました。
丸三証券は、981円で3点チャージ、目標株価(+5%)は1031円、
14日高値1047円があり、目標株価を突破、最大利益率は+6.7%。

いちよし証券は887円で3点チャージ、目標株価(+5%)は932円、
12日高値941円があり、5日(取引日)で目標株価を突破、
14日、3日連続高値更新、高値997円で
最大利益率は+6.1%→+9.7%→+12.4%へ上昇。

アートスパーク、株価1.5倍!
アートスパークホールディングス(東証2部)は1675円で3点チャージ、
目標株価(+5%)は1759円、7日高値1765円があり、
3点チャージ2日で目標株価を突破しました。
5月25日、高値2548円があり、最大利益率は+52.1%。
26日、高値2549円があり、最大利益率は+52.2%。



2月3点チャージのパフォーマンス


●注目銘柄の3点チャージ分析表
コニカミノルタ JFE デンソー ホンダ ※参考 ゆうちょ銀行

4銘柄とも利益率+10%を突破!
大暴落の12日、注目銘柄から4銘柄が3点チャージ、
翌取引日の15日、全4銘柄が+9.0%以上も上昇、
1日で目標株価(+5%)を軽く突破しました。

18日は、JFE、ホンダ、デンソーが高値更新。
これで、4銘柄全てが利益率+10%を超えました。

現在、利益が一番大きいのは、JFEの+35.6%(3/08)です。
12月/注目銘柄のパフォーマンス


1月3点チャージのパフォーマンス)
20日3点チャージ、注目全3銘柄、目標株価を突破
21日3点チャージ、注目全6銘柄、1日で目標株価を突破
1月注目7銘柄、3点チャージ1日で目標株価を突破
21日3点チャージ、全6銘柄が1日で目標突破
1月の注目銘柄で19銘柄が3点チャージし、
すでに16銘柄が目標株価を突破しています。

21日、注目6銘柄が3点チャージし、
22日、全6銘柄が目標株価(+5%)を突破。
2月2日はキッコーマンが高値更新、

ヤクルトとキッコーマンに続き、
三井不動産と三菱地所が最大利益率+20%を超えています。



20日3点チャージ、楽天、オムロン、マツダ、全て目標突破
20日、注目3銘柄が3点チャージ。
楽天は1123円で3点チャージ、目標株価は1180円、
22日高値は1180円があり、目標株価を突破、
2月1日高値更新で1296円があり、最大利益率+15.4%。
オムロンは3360円で3点チャージ、目標株価3528円、
25日高値3620円があり、目標株価を突破、
最大利益率は+7.7%。
マツダは2060円で3点チャージ、目標株価2068円、
29日高値2220円があり、一挙に目標株価を突破、
2月1日高値更新で2271円があり、最大利益率+15.3%。



日経平均は急反発、12日のツイン・チャージ的中
日経平均は12日、1万7218円でツイン・チャージ(乖離率-7.5%&RSI25%)の買いシグナルが点灯。投資は、日経平均のETFや先物が対象になります。
ツイン・チャージ的中で、今日は早速反発、日経平均の高値は1万7717円、上昇率は+2.9%。
日経平均の2倍の値動きとなる、日経平均ブル2倍上場投信は1万2960円(12日終値)の買い、13日高値1万3680円、最大利益率+5.6%になり、1日で+5%以上の利益です。
日経平均のツイン・チャージ分析表

3点チャージから1日で注目7銘柄が目標株価を突破
12日は注目銘柄から9銘柄が3点チャージ、これだけ一度に3点チャージするのは珍しく、暴落の大きさを物語っており、かつ、翌日の急反発の可能性を示唆しています。
実際13日は、3点チャージ9銘柄中、7銘柄が1日で目標株価(+5%)を突破しました。
目標株価を突破したのは、
ガンホー(最大利益率+10.92%)、TDK(+10.3%)、
村田製作所(+11.5%)、名村造船所(+7.9%)、
任天堂(+24.5%)、ワイヤレスゲート(+10.3%)、
GMOインターネット(+13.7)。
目標未達は2銘柄、
日東電工(+3.8%)、日本通信(+3.8%)。


7日、注目銘柄のDMG森精機が1273円で3点チャージ。
8日、高値1291円があり、最大利益率は+1.4%。